地デジに適切なアンテナってどんなもの?

地デジ用のアンテナも必要となる

2011年7月24日までにアナログテレビ放送は終了することになり、従って地デジ対応のテレビとアンテナを用意する必要が出て来ました。
それまでは室内アンテナで良かったものですが、電波の電界の強さによっては野外にアンテナを設置することが必要となり、アンテナをどういうタイプのものにするか、とか価格帯はどれぐらいのものが出ているのか調べることにもなりました。
ただ、屋根の上に上がって設置するとなると危険であり、しかも台風や積雪など自然災害も多い国柄でもあるので可能であればもっと身近な場所へ取り付けたいという要望も多いものです。地方であれば電界も様々であり、その電波をキャッチできる方向も違いそれらも知っておく必要があるものです。

地デジ用アンテナの選び方

アンテナは一般家庭でよく使われる垂直の立ち上がりのトップあたりから水平方向に素子の伸びたタイプのものがよく使われて来ています。電界強度は専門家でなければ詳しく知ることは出来ませんが、強度が強ければ小型のもの、弱ければ大型のアンテナになることが知られていますので附近のアンテナを調べてみると参考になります。
インターネットが利用できる環境であれば、サイトを利用すると住所地からある程度情報を得ることが出来ます。2階建ての住宅の場合は方向さえ一致すればベランダとか壁にとり付けられるフラットタイプのアンテナが人気のようです。価格も手ごろで工事も簡単、災害の心配もなくデザイン面でも景観を損ねないというメリットがあります。室内に置くタイプのものは電界強度によっては利用できないこともあるので注意が必要となります。

© Copyright Digital Of Antenna. All Rights Reserved.